海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

パキスタン:キリスト教徒の生徒、ムスリムの生徒から集団リンチを受け亡くなる。[海外の反応]



(*パキスタンにおいて、ムスリムの同僚達と同じ水飲み場を利用したとして、(*その他、イスラム教に対する侮辱罪容疑も加わり)死刑(現在保留中)が言い渡された、”Asia Bibi”さんの事件に関する動画。参考)

//------------------//
Update 2017/9/13 2:10
*動画の注釈追加
//------------------//

パキスタンの”MC Model公立男子高校”において、キリスト教徒の生徒が、”冷水機”の水を飲んだことにより、ムスリムの同級生から暴行され、亡くなる事件が発生した。

報道によれば、亡くなったSharoon Masihさんは、高校に入学した当日から、キリスト教徒であることを理由に同級生からいじめを受けており、”(共用の)冷水機の水を飲むな!”・”生き残りたければ隣に座るな!”などと罵倒されていたという。また、顔を叩かれたり、イスラム教徒へ改宗するよう、しつこく強要されていたとされる

イスラム教では、非イスラム教徒と同じ水場(容器)で水を飲まないよう、教えられている。(Muslims are discouraged from drinking from the same vessels as non-Muslims in Islam,)

入学4日目、Sharoonさんが”冷水機”を使用していたところ、その光景を見た同級生たちが激怒、彼に対して激しい暴行を加え、Sharoonさんは亡くなった。その後、この事件における主犯格の少年が逮捕されたものの、暴行に加わった他の生徒に関しては捜査が及んでいないという。

暴行現場には担任もいたとされるが、”新聞を読んでいたため、暴行に気がつかなかった。(he claimed he simply did not notice the beating as he was reading a newspaper.)”などと弁明している。この教師は後に解雇された。

Sharoonさんは、貧しいキリスト教徒の家庭に生まれた。地元の学校で優秀な成績を修めていたため、彼の家族が数年かけて、高校への入学費を貯めてくれたのだという。高校の入学式においては、制服を用意するだけの資金が足りず、私服で出席していたと伝えられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/christian-teenager-beaten-to-death-pakistan-classmates-sharoon-masih-mc-moden-boys-government-school-a7936796.html
http://www.breitbart.com/london/2017/09/12/pakistani-christian-beaten-death-muslim-classmates-teacher-read-newspaper/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英Independent
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ムスリム達には自己を改善させようとする姿勢がまったくない。彼らを迫害しているビルマ(ミャンマー)は、完全に正しい!

2.海外のパネリスト
イスラム教徒の忍耐深さは有名だからね…(*皮肉)

3.海外のパネリスト
どれだけ”外ズラ”がよかったとしても、決してムスリム達を信じてはいけない。

4.海外のパネリスト
これが「平和の宗教」を自称する人々がすることかね?…なぜイギリスは、こんな連中を招き、保護しようとしているのか?

5.海外のパネリスト
イスラムへの冒涜には激罰を与える…さすがは「平和の宗教」!こんなにも平和的な宗教は存在しないね♪

6.海外のパネリスト
彼のご家族がとても不憫だ…(キリスト教の)新約聖書では暴力を否定しているからね…抵抗ができなかったのかな…

7.海外のパネリスト
イスラム世界では、4人まで妻を”めとる”ことができるそうな…こういった考え方は理解できないよ…

8.海外のパネリスト
なぜ同じ水場を使ったくらいで、ここまでの仕打ちを受けねばならないのか?こんなことをしているから、イスラムは西洋社会で嫌われるんだ…

9.海外のパネリスト
>>8
たまに、”ムスリムにも良い人はいる。("I know a nice Muslim argument")”っていう議論と出会うんだけど…はっきり言って、そんなのどうでも良い。今問題になっているのは”一握りの良いムスリム”に関することではなく、他国の文化や伝統をぶち壊そうとするムスリム達なのだから…

10.海外のパネリスト
教師が止めに入らないとか…ありえないね。しかも、暴行に参加していた他の生徒達は、未だにお咎め無し…学校全体を閉鎖しちゃったほうがいいね。

11.海外のパネリスト
パキスタンってのは、世界で最も悲惨な国の一つだ。

12.海外のパネリスト
こういった連中が、いずれ俺達の国に沢山来るぞ!楽しみにしとけよ!!

13.海外のパネリスト
>>12
もう来てるけどね…

14.海外のパネリスト
>>12
2013年の統計データ:英バーミンガムにおける学生の人種別割合…44%アジア系(ほとんどがパキスタン系ムスリム)、31%白人、13%黒人。

15.海外のパネリスト
こうなってくると、”イスラム恐怖症(Islamaphobia)”というものが、非常に整合性の取れた、常識的反応であるように、思えてくる…

16.海外のパネリスト
他宗教に対する激しい憎しみを抱いた人々が、今、我々の社会へとなだれ込んできている…これはパキスタンだけの問題ではないのだ…

17.海外のパネリスト
ムスリムっていうのは、世界中どこにいても騒動ばかり起こすんだね…

18.海外のパネリスト
まぁ、パキスタンっていう国自体が、イスラムテロリストの拠点だから…

 

独大臣「難民に対する生活保護給付水準を減らして流入数を抑制しよう!」ドイツ内務大臣、難民に対する生活保護給付水準の引き下げを示唆。



(*不法移民の保護申請は受け付けないと宣言する、デメジエール内務大臣の動画。)

//------------------//
[Update:2017/9/12 4:05]
*タイトルを変更 コメントでのご指摘ありがとうございます。誤解を招く表現でした。申し訳ありません。
前:独大臣「ドイツを見習い、EU諸国も難民への社会保障給付を引き上げるべき!」ドイツ内務大臣、ヨーロッパ各国に対して移民支援の強化を要請…
新:独大臣「難民に対する生活保護給付水準を減らして流入数を抑制しよう!」ドイツ内務大臣、難民に対する生活保護給付水準の引き下げを示唆。

*文章の一部を修正。
//------------------//

先週土曜日、ドイツの内務大臣トーマス・デメジエール氏は新聞社のインタビューに答え、難民への社会保障給付水準において、ドイツが他のEU諸国を凌駕していると語った。その上で、ヨーロッパ全体が難民に対する社会保障制度の質を、一定に整えることが必要であると訴えたという。

デメジエール内務大臣は、ドイツの地方紙”Rheinische Post”の取材に対して、ドイツの社会保障制度が、(他国と比べた場合)難民達にとって”あまりにも魅力的である。(procedural and reception conditions are generous)”と述べた。この発言からは、豊かな支援体制が整っているドイツのみに、難民が押し寄せてくる現状を変えたいとする思惑も垣間見れる。

その一方、記者からの”(社会保障制度におけるヨーロッパ統一水準を達成するために)ドイツにおける社会保障給付水準が、引き下げられることもありうるのですか?”との質問には、”難民が受け取る社会保障サービスの水準は、ヨーロッパにおいて均等であるべきだ。ドイツにおいては、難民の受け入れ数同様、彼らへ支払う社会保障費が(他の諸国と比べて)とても多い。”などと述べた。また、”ヨーロッパは団結し、難民の流入を制限しなくてはいけない。(-中略-)全体としては、減少させるべきだ。”とも、語ったとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dw.com/en/refugee-benefits-in-germany-are-quite-high-interior-minister-de-maiziere-says/a-40426704?maca=en-Twitter-sharing
http://www.breitbart.com/london/2017/09/09/migrants-choose-germany-benefits-high-govt-minister/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
(http://www.breitbart.com/london/2017/09/09/migrants-choose-germany-benefits-high-govt-minister/)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
近所に移民の夫婦がいる。彼らにはすでに3人の子供がいて、かつ、4人目も妊娠中らしい…ちなみに、夫さんはまったく働いていない…そんな彼らには、月に2800ユーロ(*約36.5万円)の保障費+住宅手当が出ているんだとか…そりゃあ、働きたくなくなるよな…

2.海外のパネリスト
数年前、ロンドン近郊に住んでたんだけど、そこの住人にはバングラデシュ人(移民)達もいた。彼らは毎年子供を出産していたよ…子供の数が多いほど手当ても増えるからね…しかも、旦那さんはインド料理屋で働いていたにも関わらず、失業手当を貰っていたらしい…

3.海外のパネリスト
>>2
当局に通報すればよかったのに…

4.海外のパネリスト
>>3
前に報告したことあるけど、何も変わらなかったよ。労働年金省(DWP)のお役人達は、俺のメールなんか読んじゃいないのさ…

5.海外のパネリスト
とある記事によると、一般のドイツ人年金受給者が月6万円しか受け取れないのに比べて、子供のいる難民達は、月12万円受け取っているとか…信じられねぇ…

6.海外のパネリスト
イギリスも移民によって支配されている。英国人の子供達は仕事も無く、大学にも通えず、人生を棒に振っている始末だ…まぁ、1983年頃から、すでにこうした傾向は始まっていたが…

7.海外のパネリスト
>>6
現在、白人の子供は生まれたその瞬間から、凄まじい劣等感を植え付けられ、社会のお荷物であると教え込まれている…

8.海外のパネリスト
金の有るところに移民有り…まるでイナゴのよう…

9.海外のパネリスト
>>8
で、でも、”多様性は私達の力”な訳だし!僕達の文化を移民達が豊かに…あ、そうか…彼らは、私達の文化を潰しに来てるだけだった…

10.海外のパネリスト
>>9
我々の政治家は、(文化破壊という)許されざる行為を、甘んじて受け入れるよう、私達に強いている…

11.海外のパネリスト
ムスリム男性って、奥さんが沢山いるんじゃなかったっけ?

12.海外のパネリスト
>>11
こんな記事見つけた…「ドイツ:4人の妻と、23人の子供を持つムスリム移民、年間3500万円の保護費を需給」(参考参考

(*面白そうなので、今度記事にしてみたいと思います。)

13.海外のパネリスト
ドイツにおいて、社会保障費がそんなにもらえるのであれば、逆に、なぜ地元のドイツ人たちは一生懸命働くのだろうか…彼らが稼いだ金は侵略者達の懐に入るだけではないか…

14.海外のパネリスト
ヨーロッパの経済移民に対する統一社会保障給付水準を”0”にすればいいのさ。本物の難民支援としては、紛争中の祖国から最も近い安全な国(*ヨーロッパではない)における難民キャンプ設営、及び、それに対する現物支援のみを行えばいい。

15.海外のパネリスト
国境管理を厳重にして、国内の不法移民を追い出すべし。金目当ての寄生虫なんか、どの国も欲していない。

16.海外のパネリスト
>>15
君を我国の総理大臣に推薦するよ。

17.海外のパネリスト
他人の国で好き勝手している移民たちに、社会保障給付まで行えと…?だから俺達はBrexitを選んだのさ…馬鹿なEU連中にはついていけないね。

18.海外のパネリスト
ヨーロッパの未来を考えると、気分が落ち込む…あれだけ巨大な力を持つ集合体が、イスラムに支配されるかもしれないなんて…

 

スウェーデン:移民地区での消火活動中、襲撃を受けたため消防隊が撤退する事態に…[海外の反応]

/

(*スウェーデンにおける消防隊への襲撃を特集した動画 2010年のものになります。)

[Update:2017/9/12 3:57]
*動画の説明を追加。コメントでのご指摘ありがとうございます。

スウェーデン南部の都市”*マルメ”において、消火活動を行っていた消防隊が、地元民達から襲撃を受け、作業を中断・撤退する事態が発生した。当該地域は、移民などが多く住む”No-Go-Zone(未管轄地帯)”であったとされる。(*スウェーデンの中でも、特に移民、及び、その子孫が多い。)

先週木曜日の午後9時ごろ、”マルメ”南部に位置する”Kroksbäck”において、二台の車が燃やされる事案が起きる。通報を受けた警察と消防は即座に現場へ急行したものの、その炎は、Sörbäcksgatan通りにある近隣の建物に引火していたという。

消防隊が懸命に消火活動に取り組んでいる最中、地元民達(*恐らく移民やその関係者)から、ガラス瓶などが投げつけられたという。そのため、消防隊は活動を中止、撤退を余儀なくされた。また、それらの襲撃は、消防隊と共に現場に駆けつけた警察に対しても行われたという。移民が多く住む地域”No-Go-Zone”においては、駆けつけた救急隊や消防隊に対する襲撃が、度々発生している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/09/09/swedish-firemen-let-building-burn-attacked-no-go-zone/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これはスウェーデンだけの問題じゃない。しっかりと対応しなければ、このイギリスでも、同じようなことが起きてくるだろう。

2.海外のパネリスト
スウェーデンの全人口は990万人であるのに対して、移民の流入速度はドイツやイギリスとほぼ同様…そこに大きな間違いがある。

3.海外のパネリスト
>>2
一生懸命収めた税金が、自分達の子供ではなく、移民たちに使われていることを知ったとき、スウェーデン国民はどのような反応をするだろうか?

4.海外のパネリスト
福祉国家と評されていた時代が懐かしいね。

5.海外のパネリスト
この期に及んでもまだ、スウェーデンに「No-Go-Zone」が存在しないと、主張できる人はいるのだろうか?

6.海外のパネリスト
移民達は、入り込んだ国で、自分達の祖国と同じものを形成しようとする…それが「No-Go-Zone」となるのだ。私が住んでいるイギリスの都市”ブラッドフォード”でも、似たような事態になってきている。

7.海外のパネリスト
>>6
実際、どうやって対処すればいいんだろうね…政府はこういった行為を推奨しているし、SJWs(*ネット上で差別と戦う人達)は、反対意見に対して弾圧を行ってくる…君の地元の人たちは、この事態に対して、どう思ってるんだろうか?

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
新聞の投稿蘭とかには、状況を懸念する声がよく寄せられている。でも、無関心な人も多い…とりあえず「毎日ビールが飲めればそれだけでハッピー!」って人が多いから…メディアも酷いね。

9.海外のパネリスト
>>8
そういった無関心な人々の”ツケ”を、いずれ払わされることになる…

10.海外のパネリスト
もう当局に頼るのは無理だ…自分達で武装するしかない…

11.海外のパネリスト
>>10
このままいけば、こういう人たちがもっと増えてくるかも…

12.海外のパネリスト
地元民が決して近づくことの出来ない地域を作り上げる…そんな連中は即刻追い出したほうがいい…

13.海外のパネリスト
その内、”No-Go-Zone”の住人同士で、領土争いが勃発するんじゃないか…

14.海外のパネリスト
>>13
大変素晴らしいことだ。それによって彼らが衰退してくれることを願おう。

15.海外のパネリスト
こういうニュースって、英BBCはまず取り上げない…

16.海外のパネリスト
イスラム国家からムスリム移民を無作為に沢山受け入れれば、そりゃ、イスラム国家になってくよね……

17.海外のパネリスト
>>16
たとえ少数でも、爆発的な繁殖能力を保持しているからなぁ…時限爆弾みたいなものだよ。

18.海外のパネリスト
延焼していた建物の人々は大丈夫だったのだろうか…こんなの、ISISが占拠しているシリア・イラクの地域と、何も変わらないじゃないか…

 
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。