海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

米:過激派左翼集団”Antifa”が急速に拡大中[海外の反応]



(*黒い衣装の人たちが””Antifa”)

昨今、保守系団体のデモ活動が全米で話題となる機会が増えているが、その一方で、新たな団体が注目を浴びるようになって来ている…”Antifa”である。

”反ファシスト(Antifacist)”の略称を冠するこの組織は、過激派左翼集団として知られており、無政府主義を標榜する人々などにより構成されているという。白人至上主義者やネオナチなどを”ファシスト”であると非難し、それらの活動を妨害するためならば、暴力をも厭わない。

”Antifa”に所属する人々は素性を明かさないことが多い。活動に際しても、黒い服を着用し、顔を隠す姿が、彼らのトレードマークとなっている。彼らの主たる活動は、保守系団体への抗議であり、それらの集会やデモに対して、その都度、SNSなどでメンバーを募っているという。トランプサポーターとの衝突、保守系論客の講演会に対する圧力など、その活動内容は日に日に多様化している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/neo-nazis-grow-bolder-antifa-emerged-fight-195800993.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もし彼らの活動がそれほどまでに素晴らしいものであるのなら、なぜ顔を隠す必要があるのだ?

2.海外のパネリスト
>>1
だって、尿瓶を投げつけなきゃいけないからね!(参考:当ブログ記事)

3.海外のパネリスト
>>1
こいつらは平和的なデモ団体じゃない。自分達の思想を押し通すためならば、人を傷つけてもかまわない。そういう連中なんだ。

4.海外のパネリスト
”Antifa”には理念がない。保守系団体への抗議なんていうのは言い訳だ。ただ全てのものに反発したいだけなんだよ。

5.海外のパネリスト
左翼・進歩主義者によって扇動された反政府運動に他ならない。

6.海外のパネリスト
まさにリベラルによるヘイトグループ。*ソウル・アリンスキーの戦略を使い、我国大統領と国民を支配しようとしている…

(*アメリカのコミュニティ・オーガナイザー及び作家。 近代における住民組織化という社会運動の手法の創設者であり、1960年代に盛んになった草の根運動の基礎を作った人物。by wiki)

7.海外のパネリスト
ただのテロリスト集団。追放したほうがいい。

8.海外のパネリスト
こいつらって声はでかいけど、実際の規模はそれほどでもない。

9.海外のパネリスト
ファシスト支持団体を撲滅するといいながら、ファシスト顔負けの言論弾圧を繰り広げる。オルタナ右翼よりもはるかに面倒な集団。ナチスの準軍事組織”突撃隊”みたいなもん。

10.海外のパネリスト
大手メディアはこぞって”Antifa”を英雄扱いしている。黒人至上主義団体などの左翼集団は、オバマ・クリントン時代に優遇され拡大していった。逆に、保守系団体は冷遇され、差別を受け続けてきたんだ…

11.海外のパネリスト
極右団体の思想には同調できない。でも、彼らは合法的に集会を開いて行動している。それに引き換え、この連中は武器を携え、申請もせずに集まり、カウンターデモを繰り広げている。ただの犯罪者だよ。

12.海外のパネリスト
これじゃあ、1960年代の*KKKと、何も変わらないじゃないか…

13.海外のパネリスト
ネオナチと”Antifa”の違いがよく分からない…

14.海外のパネリスト
自分とは異なる意見を持つ人々を黙らせようとする。歴史上の出来事を都合よく改変する。子供達よ、彼らこそがファシストだ。

15.海外のパネリスト
オルタナ左翼は”言論の自由”を嫌う…なぜなら、真実は彼らにとって不都合だからだ。

16.海外のパネリスト
事実、保守系団体よりも、こういったカウンターデモ集団のほうが好戦的なんだ。メディアは彼らの行動を肯定するけどね…

17.海外のパネリスト
顔を隠しながらデモ活動する人々は、その時点で逮捕されるべきだと思う。

18.海外のパネリスト
ナチスは左翼(党名に”社会主義”って入っているし…)。共産主義も左翼。歴史上、ファシストってのは左翼ばかりなんだよ。反ファシストを標榜する連中が、結局ファシスト達と同じような振る舞いをしている…皮肉なもんだね…

 

英BBC「ムスリム犯罪者を批判することは差別では?」海外「何言ってんの?」英BBC、ちょっとご乱心…



(*ムスリムによる児童への性的虐待に抗議する英保守系団体のデモ活動)

英BBCのテレビ番組「Sunday Morning Live」が運営するツイッターアカウントに投稿されたコメントが、ネット上で大炎上を招いている。

今月20日、「Sunday Morning Live」の公式ツイッター上に、討論議題について、ネット上の意見を求めるつぶやきがなされた。

”(*意訳)本日我々が取り組む議論テーマはこちらです。「イスラム系住人による児童への性的虐待を非難することは、差別であるか?」…皆様のご意見、お待ちしております。”(原文

このツイートは、番組内にてムスリム住民による子供達への性的虐待、及び、それに対する世論反応を議論する目的で投稿されたものと思われる。しかし、実行犯達への批判を牽制するかのような文言に対して、抗議が殺到している。

近年、イギリス社会ではイスラム系移民、もしくはその子孫による児童への性的虐待が社会問題となっている。(参考)加えて、それらの事件においては、”差別主義者”の批判を恐れる当局が、捜査に消極的になっていた状況も明らかになっており、激しい非難を浴びた。(参考)これらの出来事は、間接的(もしくは直接的)な、Brexitの要因とも考えられる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://pamelageller.com/2017/08/bbc-asks-twitter-followers-criticism-muslim-child-sex-gangs-racist.html/
https://twitter.com/bbcsml/status/899195049426038785

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
どっちがより悪い?(*ツイッターアンケート)
A.児童への性的虐待:92%
B.言葉による”差別”:8% 

2.海外のパネリスト
>>1
8%の奴らは一体何なんだ!?

3.海外のパネリスト
>>2
ウィルスじゃない?

4.海外のパネリスト
こういう(BBCの)質問って被害者の女性達を苦しめるだけだよ…

5.海外のパネリスト
BBCってのは反白人・親イスラムメディアだから…

6.海外のパネリスト
>>5
マジでむかつく!こいつらは狂ってる!!!

7.海外のパネリスト
なんでこんなこと聞くの?被害に遭った女性達や家族の心情を考えられないの!?BBCはもうどうしようもない!

8.海外のパネリスト
”言葉”は、児童虐待よりも強し”って…左翼メディアはクソ。

9.海外のパネリスト
恥ずべき報道社。

10.海外のパネリスト
”児童虐待事件”を”差別問題”に置き換えないで!

11.海外のパネリスト
>>10
むしろ、”白人少女”達に対する差別問題として扱うべき!!

12.海外のパネリスト
事件隠蔽に加担したBBCの職員は、逮捕されねばならない。

13.海外のパネリスト
この国において、”言論の自由”はもはや存在しないのだ…

14.海外のパネリスト
馬鹿みたいな議論テーマだね。

15.海外のパネリスト
>>14
こういう議題にすべき…”「差別」という言葉によって、重要な議論が、全てかき消されていくことへの是非について!”

16.海外のパネリスト
子供達が危険に晒されているのに、あんた達は犯人の心配しかしていないのか?正気か!?

17.海外のパネリスト
事実を述べれば”差別主義者”扱い…

18.海外のパネリスト
BBCよ…これらの返信を全て読んでみるがいい…どれだけ英国民の心が、あなた達から離れているのか…理解できるだろう…
 

トルコ大統領、在独トルコ系ドイツ人に対して独総選挙での投票先を指示…ドイツ政府から激しい反発を招く…[海外の反応]




先週金曜日、トルコ・エルドラン大統領は、在独トルコ系ドイツ人に向けて声明を発表し、今年9月に行われる独総選挙において野党候補に投票するよう、訴えた。ドイツ・トルコ両国は、シリア難民のヨーロッパ入国を食い止めるため、互いに協力関係にある。しかし、昨年、トルコで発生した軍部によるクーデター未遂事件以降、実行犯・関係者の徹底弾圧を強行するエルドラン大統領と、民主主義・人権尊重を求めるドイツ・メルケル政権(&ヨーロッパ諸国)との間で、亀裂が生じていた。(参考

ドイツ外相Sigmar Gabriel氏は、エルドラン大統領の言動を”前例がないほどの内政干渉である(unprecedented act of interference)” とする非難コメントを出しており、さらに、メルケル首相も自身のツイッター上において、”他国政府が、我々の内政問題に干渉しないことを望む。(We expect foreign governments to not interfere in our internal affairs)”などと書き込み、強い不快感を示した。

ドイツにおいては、歴史的にトルコから多くの経済移民が移り住んでおり、専門家の推定によれば、9月の独総選挙において、投票権を保有するトルコ系ドイツ人の人口は、120万人にも達すると、言われている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dw.com/en/erdogan-voting-advice-for-german-elections-splits-turkish-community/a-40197568
https://www.yahoo.com/news/erdogan-urges-turks-germany-not-support-cdu-spd-131646907.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。
移民(もしくは、その子孫)たちによる選挙妨害…度々その危険性が指摘されていましたが、実際に発生したようです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
この偽善的なジハード戦士(*エルドラン大統領)は、風見鶏的対応に終始した結果、すべての人々から嫌われることとなった。だが、テロ組織ISISだけは彼を愛している…なぜなら、トルコが彼らの石油を買ってくれるからだ…

2.海外のパネリスト
ヨーロッパがトルコ内の人権侵害を指摘した時、彼は”内政干渉だ!”と、激しく怒っていた…同じことをやり返している…

3.海外のパネリスト
>>2
まさに典型的なイスラム圏の独裁者。

4.海外のパネリスト
もしメルケルが「ドイツ国内のトルコ系移民よ!今すぐ愛すべきイスラム国家へ帰れ!」と、叫んだとして…どれくらいの人たちがその言葉に従うだろうか…答えは”0”だ!

5.海外のパネリスト
>>4
ドイツは二重国籍禁止だからねぇ…

6.海外のパネリスト
>>5
え…禁止じゃないよ?二重国籍の人もいる。

(*1999年、ドイツで成立した”新国籍法”により、二重国籍が認められるようになった模様:参考

7.海外のパネリスト
こんな奴がNATOのメンバーとか…絶対認められない!

8.海外のパネリスト
在独トルコ系ドイツ人を強制送還するべきだ!!!

9.海外のパネリスト
メルケルを追い出すのなら、誰であろうが歓迎する。

10.海外のパネリスト
こういった隠れた侵略者達(*トルコ系ドイツ人)が、ドイツ国内には沢山いるんだろうねぇ…

11.海外のパネリスト
エルドランは、これまで何度も嘘をついてきた。最近では、急速なイスラム化を推進している。粛清、テロ、詐欺…権力を得るためならば、彼は何でもするだろう…

12.海外のパネリスト
ドイツは”内政干渉”を理由として、トルコ大統領宅に集中爆撃を実行すべし!

13.海外のパネリスト
イスラム政党がドイツに誕生したら、彼ら(*トルコ系ドイツ人)は必ずそこに投票するだろう…ドイツを奪うために…

14.海外のパネリスト
>>13
投票を目的とした移民達は、即刻追放処分にしたほうがいい。

15.海外のパネリスト
だから言っただろ?イスラム移民なんざ、所詮「トロイの木馬」なんだよ。トルコ系住民は、トルコのためにしか投票しないさ。エルドランの操り人形だよ。

16.海外のパネリスト
トルコ在住のトルコ人達よ!新たなクーデターを起こしてほしい!この独裁者を裁くのだ!!!

17.海外のパネリスト
世界中の人々に警告する。エルドランの犬達(トルコ系住民)を、今すぐ国内から追い出せ!

18.海外のパネリスト
ドイツだけでは収まらない。この問題はいずれオランダやノルウェーなどでも発生するだろう…エルドランはこの方法で、世界を支配下に置こうとしている…

 
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。