海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

ラスベガス銃乱射事件で足を負傷した生存者、米大統領を起立して出迎える…しかし、その行為に非難の声も…[海外の反応]



(*最初に入ってきたメラニア夫人が「立たなくていいですよ…(don't get up)」と、言っている…優しい…)

//------------------------//
Update 2017/10/8 6:50
非難コメントの一部を掲載 コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------------------//

今週日曜日、ラスベガスで発生した銃乱射事件で足を負傷し、現在入院中のThomas Gundersonさん(28)が、病院を訪れたトランプ米大統領を起立して出迎え、全米で話題となっている。彼の行動を称賛する意見が多く寄せらている一方で、彼に対する非難の声も集まっているという。

カルフォルニア州ニューポートビーチ出身のGundersonさんは、トランプ夫妻との面会後、その動画をフェイスブック上に掲載、ネット上で急速に拡散した。彼は次のようなコメントを、動画に添えている。”偉大なるこの国の大統領が、僕と握手をするため、わざわざここまで来てくれたんだ…寝てなんかいられないよ!(~中略~)確かに、この国には課題が山積している。でも、僕は祖国、米大統領、そして、星条旗に対する畏敬の念を、これまで忘れたことはない。足の怪我に関係なく、僕は米大統領に対するふさわしい礼儀を、起立することにより示したかったんだ。”

動画掲載後、Gundersonさんのもとには、多くの称賛や回復を祈るコメントが集まる一方、トランプ大統領を起立して出迎えた行為を、批判する意見も多く寄せられているという。

[非難のコメント]

*起立する力を温存しておいたほうがいい…そうすれば回復することが出来るだろう…トランプによって医療保険制度が撤回される前に…("Should have saved his energy. Hopefully, he's able to heal fast and return home before that 'great president' makes it impossible for nearly everyone to have healthcare,") 

*(国家斉唱を拒み、片膝をついた)NFL選手に対する嫌味?彼らは人種差別への認識を深めてもらおうとしただけよ…

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/las-vegas-survivor-faces-backlash-171850988.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

「意図しないポップアップ広告」についての問い合わせ結果(一部)

*楽天アフィリエイト様
「同様の報告がこれまで確認されていないため、対策に関しては分からない。(注:要約です)」

他のアフィリエイト会社様に関しては、現在、返答待ちの状態です。

//------------------//

1.海外のパネリスト
左翼には恥という概念がないのか?彼は被害者なんだぞ!?

2.海外のパネリスト
起立してくれてありがとう!一日も早い回復を祈ります…

3.海外のパネリスト
大統領を礼儀正しく出迎えた人間が、こんな扱いを受けるとは…酷い国になったものだ。俺はオバマが大嫌いだが…もし、彼と出合うことがあったならば、最大限の敬意を払っただろう…

4.海外のパネリスト
民主党支持者は、”憎しみ”によって構成されている…

5.海外のパネリスト
この若者は正しい行いをした。神の祝福が彼にありますように!馬鹿げた連中の戯言など、気にしなくていい!!

6.海外のパネリスト
他者を慈しむ心を一切持たず、ただ人を憎んで生きている…大統領を罵倒するためならば、ここまでするのか…

7.海外のパネリスト
リベラル達には礼儀作法ってものが理解できないのだろう…2020年、次回の大統領選挙において、トランプを支持する理由がまた一つ増えた。

8.海外のパネリスト
自らが大統領を愚弄するばかりか、それを他者にまで強要するとは…なんてクズな奴らだ…

9.海外のパネリスト
左寄りの人々は理解するべきだよ…彼らは負けたんだ…その結果を受け入れなきゃ…

10.海外のパネリスト
なぜ敬意を示した人間が、ここまで批判されねばならないのか?

11.海外のパネリスト
落ちるとこまで落ちたな…

12.海外のパネリスト
いつから大統領と握手をしただけで、抗議を受ける時代になったのか…

13.海外のパネリスト
この人は何も間違ったことをしていない!下らない粗捜しは止めろ!!

14.海外のパネリスト
他国の指導者(参考)に深々と頭を下げたオバマを熱狂的に支持する一方、自国の大統領と握手した人物は徹底的に叩く…

15.海外のパネリスト
オバマに起立拒否したら、今度は差別主義者だとして、非難しまくるんだろうなぁ…

16.海外のパネリスト
ここまでいくと…もう病気の域だね…

17.海外のパネリスト
苦情を言う奴しかいない…それが今のアメリカ…

18.海外のパネリスト
別にトランプを支持しろとか、票を入れろとか言っているわけじゃない…アメリカ合衆国大統領に敬意を示すことは、当たり前のこと…民主党支持とか、共和党支持とか…そんなの関係ないよ…

2017年度のノーベル文学賞が、日系イギリス人作家”Kazuo Ishiguro”氏に決定[海外の反応]




今週木曜日、イギリス人作家である”Kazuo Ishiguro”氏が、2017年度ノーベル文学賞を獲得した。
Ishiguro氏は、 "The Remains of the Day"などの著作で世界的に知られており、出身国・日本に対する望郷の念が滲み出た作風も特徴的である。(...whose emotional uprooting from his native Japan has left an indelible stamp on his work.)

ノーベル文学賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーは、今回の受賞に関して声明を発表。”凄まじく感情豊かな作品群において、社会との繋がりを求め、手探りでそれを模索する我々の濁った心底を、見事に描き出している。("in novels of great emotional force, has uncovered the abyss beneath our illusory sense of connection with the world,")”などと、賛辞を送った。

1954年、日本の長崎県に生まれたIshiguro氏は、5歳の時に、家族に連れられイギリスへと渡っている。その後、再び日本を訪れたのは、それから30年後のことであったという。

1991年、作家大江健三郎氏との対談においては、日本から受けた影響について、次のように語っている。

”私にとって日本とは、”いつか帰るべき場所”として、常に意識する存在でした。愛着のある日本という”(イギリスとは違う)異国”…この”とても大切な異国”に対する鮮明な記憶と共に、私は育ったのです。("I couldn't forget Japan because I had to prepare myself for returning to it. So I grew up with a very strong image in my head of this other country, a very important other country to which I had a strong emotional tie,")”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://uk.news.yahoo.com/british-author-kazuo-ishiguro-wins-nobel-literature-prize-114249446.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ニューヨーク・タイムズ
(https://www.nytimes.com/2017/10/05/books/nobel-prize-literature.html)
[コメント傾向]
リベラル
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ようやく良いニュースに巡り合えた…最近、嫌なニュースが多かったから…。人間の複雑な感情を美しく表現できる作家である…正当に評価されたことが嬉しい…

2.海外のパネリスト
学校に通っていた頃、図書館で彼の著作”The Remains Of The Day”を借りて、読んだことがある。当時は英語がほとんどできなかったけど、小説から伝わる愛の巣晴らしさは、英語という言語を通して、私の人生を変えてくれた。文学には、人の生き方を変える力があると思う。

3.海外のパネリスト
Ishiguro氏の業績は輝かしいものだ。素晴らしき人選!おめでとう!!!

4.海外のパネリスト
僕にとっては、"Never Let Me Go"が一番の名著。是非皆にも読んで欲しい!結構怖いけどね…

5.海外のパネリスト
よかった…今年はまともな人が選ばれたよ…

(注:去年の受賞者はボブ・ディランさんでした…)

6.海外のパネリスト
*アリス・マンローが受賞した時と同じくらい嬉しい!この決断は、文学の重要性を再確認するものとなるだろう。下らない政治的・社会的な主張をせず、ひたすら登場人物達の内面と関係性を描き続ける…正統派の小説家である。

(*カナダ人の作家。短篇小説の名手として知られる。2013年ノーベル文学賞受賞。)

7.海外のパネリスト
作家同士を比べる議論は不毛。ジェーン・オースティンや、フランツ・カフカも素晴らしいけど、Ishiguro氏には、また別の魅力があるのだから…

8.海外のパネリスト
村上春樹は、今日、世界で一番悲しき男となった…日系イギリス人であるIshiguro氏がノーベル文学賞を得たことにより、今後10年間、日本人がこの賞を手にすることはないだろう…

9.海外のパネリスト
"Never let me go"は、これまで私が読んだ文学作品のなかで、もっとも力強く、奥深い小説のひとつだ。この名著に出会えたことを感謝したい。

10.海外のパネリスト
彼の小説はどれも独創的で、知的、かつ、未来を見通している…大好きな作家の一人。この賞に十分値する人物だよ。

11.海外のパネリスト
過度に政治的なメッセージを主張する人でもなく、訳のわからない文章を書く人でもない…今回はしっかりした作家が選ばれた…よかった。こういう人を毎年選んで欲しい。

12.海外のパネリスト
良い選択だと思う! 私はこれまで、"The Remains of the Day"を、幾度となく読み返してきた。未だに、私のお気に入りだ。彼の世界に対する理解と、人間の内面を描写する能力には、ただただ感嘆する。

13.海外のパネリスト
彼の作品が大好き!”The Unconsoled”には、熱病みたいに夢中になったし、”Never Let Me Go”には、あまりの憂鬱に、心が痛かった…

14.海外のパネリスト
彼はおススメの作家だよ!ぜひ読んでみてね!!

15.海外のパネリスト
5年前、”The Unconsoled”を読んだ時の衝撃が忘れられない…それ以来、他の本を楽しく読むことが出来なくなってしまったよ…コレを超えられる小説など、そうそう無いのだから…

16.海外のパネリスト
”The Remains of the Day”は、毎日懸命に生きる人々に薦めたい作品!

17.海外のパネリスト
去年、ディランが受賞したことについて色々議論が巻き起こっていたけど、彼の音楽が、Ishiguro氏に多大なる影響を与えたことも、忘れるべきじゃないと思う。

/-------------------/

ノーベル賞ホームページでのインタビュー記事において…

「ボブ・ディランさんに続く形で受賞できたことは、大変光栄なことです。13歳以降、彼は私のヒーローでしたから…おそらく、私が最も敬愛するヒーローです。(it's great to come one year after Bob Dylan who was my hero since the age of 13. He's probably my biggest hero.)」

/-------------------/

18.海外のパネリスト
彼の作品は、とても静かに、しかし、とても力強く、私達が内に秘める”混沌を求める邪な感情”を、詳細に表している。いくら善良な市民を装っていたとしても、その欲求からは決して逃れられないのだ…

 

[焚書]ドイツ国内において、保守系ツイッターが検閲を受けていたことが判明…[海外の反応]




ドイツ国内において、保守系ツイッターアカウント「Voice of Europe@V_of_Europe(ヨーロッパの声)」に掲載されているツイートの一部(*全てのツイートではない模様)が、観覧できない状態になっていることがわかった。

今回の処置は、ドイツ議会で成立した後、今月1日に施行された、ネット検閲に関する新法"Netzwerkdurchsetzungsgesetz”(略称:NetzDG)が、強く影響していると思われている。この法律では、SNS上における”差別的表現”、もしくは、”偽情報”に対して、それらを管理する会社に24時間以内の削除を義務付けている。命令に従わない場合は、非常に重い制裁金が課せられるという。

また、ドイツ国内のみならず、フランス国内からも、同アカウントにおける一部のツイートに対してアクセス制限がかかっている模様。

*アクセス制限の画面
2
(*ドイツ語で”あなたの国ではこのツイートを観覧できません”とするメッセージが表示されている…ちなみに、赤文字”CENSORED!(検閲済み!)”は、後に挿入されたものであると思われる。)

*アクセス制限がかけられているとされるツイート(一部)

(*詳しい内容につきましては、当ブログ記事をご参照ください。)


(訳:2014年以降、ヨーロッパ全土では移民により344名が犠牲となり、1706名が傷を負った。)

以下のツイートは、フランスにおいてアクセス制限がかけられているという。

(訳:オーストリア:「女性への暴力」で逮捕された犯人のうち、移民の割合が40%を占める。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.3977/germany-censoring-tweet-about-polish-muslim-stop.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/915998119539757056)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ナチス親衛隊の再興ですな…

2.海外のパネリスト
ドイツっていつまで経っても、独裁政治体制から抜け出せないんだね…

3.海外のパネリスト
もうこんな国は嫌だ!ポーランドに移住する!!!

4.海外のパネリスト
恐ろしい…

5.海外のパネリスト
>>4
なぁ~に、まだ始まったばかりさ…

6.海外のパネリスト
こういった検閲は、すでにアメリカにもその影響が及んでいる…

7.海外のパネリスト
漫画みたいなことするんだね…

8.海外のパネリスト
いずれ誰も、欧州のイスラム化を批判できなくなってしまうだろう…「言論の自由」は、すでに失われたのだ…

9.海外のパネリスト
権力者、メディア、そして、左翼…自分達に不都合な事実は、すべて抑圧し、消し去ろうとする…

10.海外のパネリスト
ヨーロッパがどんどん独裁的になっていくなぁ…

11.海外のパネリスト
>>10
彼らはまさに独裁者なんだよ…共産主義者さ…

12.海外のパネリスト
民主主義とは一体なんだったのか…?

13.海外のパネリスト
検閲されるってことは、ドイツの国民が、それだけこのツイッターに注目をしてるってこと…ドイツ政府は、真実が広まることを恐れているのだ…

14.海外のパネリスト
ポーランドが羨ましい…

15.海外のパネリスト
メルケルが首相だもの…そりゃこうなるよ…

16.海外のパネリスト
”ツイートが検閲を受け、削除される…いずれ、それは人々に対して行われるようになるだろう…” By 俺

17.海外のパネリスト
彼らをファシストと言わずして何と言う……

18.海外のパネリスト
ドイツさん、ドイツさん!昔の癖がでちゃってますよ!!!

 
スポンサーリンク
最新コメント
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

RSS(全般):
http://foreignnews.biz/index.rdf

RSS(海外の反応のみ):
http://foreignnews.biz/archives/cat_382414.xml

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。